カーリル

カーリルの携帯電話(フィーチャーフォン)向けウェブサービスは開発リソース集中のため6月末でサービスを終了します。永らくのご利用ありがとうございました。引き続きスマートフォンからはサービスをご利用いただけます。詳しくはこちら

ただしいことを巡るたたかい・政治哲学の本

by hidanemaker

ものもうしたいひとにオススメ

ででーん。
いったいなにが「たったひとつの冴えたやりかた」なのか、というのは、いつの時代も大きな問題であります。
で、「冴えたやりかた」って、どちらかというと、「美しいやり ...
もっと読む



国家〈上〉

みんなが「自分らしさ」を手にする社会が正しい社会です!とソクラテス先生は言った(とプラトン先生が書いた)。一人一役の正義と哲人王の思想に潜む最大の矛盾とは?二四世紀超の大ロングセラーにして超問題作!


君主論

「ひとも政治も見た目が九割」と仰るマキャベリ先生(そ、そんな身も蓋もないこと言っちゃってだいじょうぶなの)。真実の正義を求めたソクちゃんプラちゃんコンビへの大反撃の行く末やいかに!?


リヴァイアサン〈1〉

「地上に並び立つものなき高慢の王、リヴァイアサン」!とホッブズ先生の召喚したは絶対君主。「お前のものは俺のもの(※命だけ除く)」というジャイアニズム極まる主権者によってのみ、暴力的な死が避けられる?


永遠平和のために

いまどき召喚獣より呪文でしょ?とは哲学界の白魔導士カント先生。「永遠平和のための確定条項」!とか、それだけで中つ国を平和にできそう。啓蒙された理性を信じた究極の光属性は万国の武装解除を正義に謳うが?


政治的なものの概念

「政治とは友敵の区別と見つけたり!」敵を敵として人間扱いするのが正しいのか、それとも異物として非人間的に排除するのが正しいのか。ギリギリチョップの現代批判は日和った世界に今も消せない現実を見せつける!


ホッブズの政治学

「善いこと、正しいこと、美しいこと」はあなたとぼくで違うけど、どちらが「より善く、正しく、美しい」ということはない……ってどうしてそう言えるのさ!?ホッブズを通じて現代自由主義を批判する痛恨の一冊。


この人のレシピ
国語資料集はエッチがお好き 9冊
越境一歩目の、SF/ラノベ 1+(2×4)冊
動物が主人公の傑作読み物 3冊
ただしいことを巡るたたかい・政治哲学の本

トップヘ
エリア設定
読みたいリスト
カーリルについて
友達に教える
お問い合わせ
◇プライバシーポリシー
◇利用規約
◇対応機種
(c)株式会社カーリル